TWSC2021焼酎部門ベスト・オブ・ザ・ベストで弊社の黒糖焼酎「紅さんご」が1位を取りました!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「東京ウィスキー&スピリッツコンペティション」(主催・TWSC実行委員会)は、日本初のウィスキー&スピリッツの品評会です。2回目となった昨年からは焼酎部門を新設し、今年は日本全国から255点の出品があり、銘柄を伏せて採点する厳正な審査(ブラインドテイスティング)で、最高金賞17点をはじめ、金賞64点、銀賞100点、銅賞40点を決定しました。TWSCの通常審査(一次審査)後に、特に点数の高かった25本をリストアップ。新たに15名の特別テイスティングチームを編成し、「ベスト・オブ・ザ・ベスト」の審査を行いました。カテゴリーを越え、No.1の焼酎を決める賞が「ベスト・オブ・ザ・ベスト」です。

結果

奄美の黒糖焼酎が2連覇!!

洋酒のプロが選んだ第1位はオーク樽熟成の紅さんごに決定

【1位】紅サンゴ(黒糖)

【2位~10位まで】

2位古代一壺(米)
3位田苑ENVELHECIDA40度(芋)
4位百年の孤独(麦)
4位八重泉樽貯蔵(泡盛)
6位天使の誘惑(芋)
7位里の曙ゴールド(黒糖)
7位酒酒楽々 金(芋)
9位樽長期蔵麦焼酎 梟(麦)
9位千年の響 長期熟成古酒43度(泡盛)

ベスト・オブ・ザ・ベスト審査方法について

TWSC2021焼酎部門で受賞した221本の中から、一次審査で点数の高かった25本をリストアップ。ベスト・オブ・ザ・ベスト審査のために15名の特別テイスティングチームを編成し、一次審査と同様に、ミニボトルに詰め替えて、ブラインドでリモート審査を行いました。15名の審査員は各アイテムを100点満点で採点し、それを集計。その平均点の最も高いボトルを2021年の「ベスト・オブ・ザ・ベスト」としました。

TWSCとは

近年ウイスキーやスピリッツはかつてないほど注目を集めています。日本では、2016年から「クラフト蒸留所ブーム」と言われるほど、各地に蒸留所が誕生しました。それは日本国内に限ったことではなく、本場スコットランドやアイルランド、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、そして台湾、インドとアジア各国にも広がっています。

日本は世界中のウイスキーやスピリッツが集まり、また自国でも高品質なウイスキー、スピリッツが造られています。それらはイギリスやアメリカで開催されている酒類の品評会で数々の賞を受賞し、世界でも「ジャパニーズウイスキー」「ジャパニーズスピリッツ」はカテゴリーのひとつとして認められています。ただし、「世界が日本を評価する」ことはありましたが、「日本が世界を評価する」ことはありませんでした。そこでTWSCは、日本で審査を行うことで世界の目を日本に集め、日本の酒類のさらなる品質向上や酒文化の振興につなげようと、2019年に始まりました。審査員に銘柄を知らせることなく、ブラインドテイスティングで評価を決める厳正で公平な審査が特徴です。通常審査(一次審査)では、1アイテム当たり11~14人がテイスティングをして100点満点で点数を付け、平均点で評価をします。

TWSC2021概要

公式HP https://tokyowhiskyspiritscompetition.jp/

審査員 洋酒の専門家に加え、焼酎・日本酒・ワインに関する有識者及び製造業、販売業、広報事業に携わる84人

審査カテゴリー 米製、麦製、芋製、泡盛、黒糖製、その他の原材料に分け、さらに貯蔵容器、アルコール度数で分けた合計96カテゴリー

出品数 洋酒部門444点、焼酎部門255点

主催 TWSC実行委員会

実行委員長 ウイスキー文化研究所代表 土屋守

企画・運営 ウイスキー文化研究所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加