PROTECTION PROJECT

自然環境保護プロジェクト

売上の一部をアマミノクロウサギを保護するために寄付するプロジェクトをスタートさせます。

アマミノクロウサギとは?

現在、奄美大島と徳之島の2島しか生息していない国の特別天然記念物に指定されているウサギです。ハブ対策に移入されたマングースや森林伐採の影響にで生息数が激減してしまい、絶滅危惧種となっています。祖先は約1000万年前から生息していたとされ「生きた化石」と呼ばれています。他のウサギと比べて短い耳や脚、小さな目、「ツィー、ツィー」という鳥のような鳴き声が特徴です。

体長:41.8~51cm

尾長:1.1~3.5cm

体重:1.3~2.7kg

オオタニワタリ - コピー

QUALITY

世界自然遺産登録に決定した「湯湾岳」の伏流水を使用した軽やかでスッキリとした一品。かわいいポケットサイズで、手軽に持ち運べます。

CO2削減​

パッケージは、地球にやさしい非木材「パームヤシカサパルプ」を原料とした紙パームヤシックスを使用しております。紙の原料である森林資源を節約してます

1624819_m-min

現在の寄付金額

(2021年09月10日時点)

本数
0
アマミラビットの売上の本数
寄付額
0
自然環境保護のための寄付額

アマミノクロウサギを守るために

158620

夜になったら要注意

アマミノクロウサギは日暮れから朝方まで活動する夜行性です。道路上ではフンをしたりエサを食べたりすることがあります。

107188

スピードの出しすぎに要注意

道路脇でじっとしていたり、突然道路に飛び出してくることがあります。生き物がいてもすぐに止まれるスピードで運転しましょう。

158326

秋から冬は要注意

秋から冬にかけてアマミノクロウサギは繫殖期に入るため活動的になり、道路上に出てくることが多くなります。

pl-999308482963-min

アマミノクロウサギ交通事故多発!!要注意道路マップ

・名瀬徳洲会病院 から 鹿児島県龍郷町幾里426−1 奄美警察署 秋名駐在所 へのルート

・やけうちの宿 から 鹿児島県瀬戸内町勝浦234−1 勝浦簡易郵便局 へのルート

・やけうちの宿 から 鹿児島県瀬戸内町篠川558−1 篠川郵便局 へのルート

・宇検郵便局 から 大棚簡易郵便局 へのルート

© AMAMI OSHIMA KAIUN SHUZO CO., LTD.

TEL:0120-52-0167